2018年4月13日金曜日

『これ、いったいどうやったら売れるんですか? 』永井 孝尚

 SB新書。副題「身近な疑問からはじめるマーケティング」。
 「人はベンツを買った後どうしてベンツの広告を見てしまうのか」とか、「あの行列のプリン屋が赤字の理由」、「なぜセブンの隣にセブンがあるのか」など、ふつうの人から見ると「なぜ?」と思うような商売の話題を取り上げ、それらをわかりやすい言葉で解説している。
 マーケティング理論というと何だか難しそうでとっつきづらい雰囲気がある。例えばこの本でも触れている、バリュープロポジション、ブルーオーシャン戦略、チャネル戦略、ランチェスター戦略、キャズム理論なんて、一般の人には何が何のことだか、という人が多いだろう。でもこの本では、これらの言葉を使いつつも、具体例を織り交ぜながらやさしく親しみやすい言葉で丁寧に説明してくれているので、さらっと読むだけでマーケティングの基本的な考え方がすーっと頭の中に入ってくる。
 マーケティングについての本格的な本を読破したことのある人や、マーケティングの勉強をしたことのある人にとっては、あまりにも当たり前のことしか書いていないと物足りなさを感じるかもしれない。でも世の中を見ると、せっかくいい商品を作っているのになかなか売れなかったり、とても人気があるのにすぐに潰れてしまったりする店が結構たくさんある。私はカフェや雑貨屋巡りが好きだったりするけれど、お気に入りの店がいつの間にか閉店している例は枚挙に暇がない。それはもしかするとマーケティングの基本がわかっていなかっただけのせいだったのかもしれない。だとすると、マーケティング理論というのは、商売をしている人にとっても敷居の高いものなのかもしれない。そうであれば、そんな人達にこそこの本を読んでマーケティングに興味を持ってもらい、より深い本を読んで戦略を練り、商売をしてもらいたいと思った。やっぱりお気に入りの店は潰れてほしくないものだから。もちろんマーケティングに興味を持った一般の人が最初に手に取る本としても、とてもいいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿