2018年2月25日日曜日

『一緒にいてもスマホ ―SNSとFTF』シェリー・タークル

 青土社。日暮雅通 訳。
 食事に出かけても、授業に出ていても、子供と遊んでいても、さらにはたったひとりで家にいるときでも、すぐにスマホに手を出してしまう。そこで失われてしまうものがある。そのうちの大きなものが、フェイス・トゥ・フェイス(FTF)の会話だという。著者は、原題『Reclaiming Conversation―The Power of Talk in a Digital Age』にあるように、会話の重要性について論じている。『一緒にいてもスマホ』という訳は、ちょっと違うニュアンスを感じる。
 本書は4つの椅子を軸に進んでいく。ヘンリー・デイヴィッド・ソロー が1845年に雑踏から逃れるために移り住んだ丸太小屋に設えられた3つの椅子、一つ目は孤独のための、二つ目は友情のための、そして三つ目は社交のためのこれらの椅子。さらに著者による四つ目の椅子。スマホは1人でじっくりと考え抜く時間を奪う。他人との会話においても、スマホに気をとられることで深い会話までたどり着かない。一緒にいる人との時間よりもスマホでつながっている遠くにいる人とのやりとりを優先する。それらの弊害について、数多くのインタビュー、研究を例にとり、検証していく。
 議論が深まらないというのはよくわかる。マルチタスクがいいものだという了解のあるこの世の中でもユニタスクには適わないという。でもそんなことよりも何よりも、フェイス・トゥ・フェイスの会話がなくなることで、共感能力が育たないということがとても恐ろしいことだと感じた。自分に向き合う時間もなく自分のことがわからない人たち、そしてその延長として他人の気持ちがわからない人たちが増産されていく。
 今では、Siriやスマートスピーカーなど、まるで人間のように反応をしてくれるロボットが浸透してきている。AIを使って精神科医の代わりを担うロボットまで開発されてきているという。これらは本当に人間の代わりになるというのだろうか。子供たちの子守としてロボットを与えることで、大きな人間的成長を奪うことにならないか。
 著者は今後のテクノロジーとの付き合い方に対して問題提起をし、会話の重要性を説く。決してスマホ等を否定しているわけではない。それらとどういう風に付き合っていけばいいのかについて提案しているのだ。今を生きる我々ひとりひとりが考えなければならない問題であるように思う。

2018年2月24日土曜日

『京都、二年坂にて』

 久しぶりの切り絵。京都の清水寺から産寧坂を下って、二年坂に入ってすぐ右側にある建物です。昨年京都に行ってからずっと切り絵にしたかった風景です。
 切り絵は白黒だけの表現方法ですが、写真を単純に白黒に2値化しただけでは絵にならないので、細部は実際のものとはかなり変えています。また、私の切り絵は最近はやっている繊細で細かいものではなく、昔からよくある武骨な部類に入るのだと思います。切り絵との出会いが小学校の時の滝平二郎だったからなのかもしれません。
 古都と切り絵は相性がいいような気がする。

2018年2月20日火曜日

『Hit the Ground Running』Newton Faulkner

 2017年。ニュートン・フォークナー。
 彼はギターがうまいことで有名だけれど、ピアノやドラムスも担当している。わりとハイテンポなロック系の音づくりだけど、音が詰め込まれすぎていなくて、適度な間の中ですべてのパートが粒立って立体的に聞こえるのがいい。ちょっとかすれ気味ながらもしっかりと芯のある彼の声も、バックと呼応するようにぴったりと息が合っている。
 前作『Human Love』と同じように、1作だけテッサ・ローズ・ジャクソン(Tessa Rose Jackson)とデュエットしている曲『So Long』があり、それもいい。彼女はこのほかにも数曲でピアノを弾いている。彼女のアルバムも気にはなっているのだけれど、amazonではCDとしては取り扱ってなくてデジタルのダウンロードしかできないので、まだ聴けていない(amazon musicの曲の音には以前悪い印象を持った経験があるので、今のところ購入する気になれない)。
 何だかちょっと横道に逸れてしまったけれど、前作よりもこのアルバムの方が全体的には気に入っている。

2018年2月19日月曜日

『MORIHICO.TSUTAYA美しが丘店』 アナログバージョン

 実は以前同じ構図でデジタルで描いて、このブログにアップしたことがある(こちらの記事)。でも何だか気に入らなくて、透明水彩で色を塗り直してみた。線画はまったく同じで、水彩紙に顔料インクで印刷したものの上に水彩を乗せた。こっちの方が私らしいなと思う。やっぱりアナログの方が性に合っている気がする。とはいえ、デジタルで絵を描くのは憧れなんですよね。
 このカフェは雰囲気がよくて好きです。コーヒーの味は苦め。森彦系列は全部そうだけど。

MORIHICO
『MORIHICO.TSUTAYA美しが丘店』北海道札幌市清田区美しが丘3条4丁目1番10号

2018年2月17日土曜日

『ホンジュラス・リサンドロ・ゴメス(2017)』横井珈琲

 Honduras Lizandro Gomez(スペルに自信がありません)。ホンジュラスのリサンドロ・ゴメス農園のコーヒーだと思うのだが、情報が少なく、間違っているかもしれない。
 まろやかな舌触りで、やわらかくて穏やかな味がする。あえて表現すれば、オレンジや青リンゴのような風味がないわけではないけれども、実のところあまり強い特徴を持つコーヒーではない。わりとあっさりとしたコーヒーで、苦味も酸味も少なめなので、ふだん飲みとしてごくごく飲んでしまえる。とても飲みやすい。

工房 横井珈琲

2018年2月11日日曜日

『Soft Landing』矢野 顕子

 2017年。
 ピアノ弾き語りアルバムとしては5作目となる。思い返すと、1作目の『Super Folk Song』からもう25年も経つ。私が矢野顕子の曲を初めて聴いたのが『Super Folk Song』というまさにそのアルバムに入っていた同名曲で、隣の部屋のテレビから流れてきたその曲を聴いて、え、こんな音楽ってありなの、という強烈な印象を受けたのを覚えている。本作の最後には『Super Folk Song Returned』という、それの続編に当たる曲が収められている。メロディは一緒で、歌詞は糸井重里が新たに書き起こしたものだ。
 このアルバムで矢野は、初めてベヒシュタインピアノを使って録音している。透明感があって聞こえるのはこのピアノのせいなのか、エンジニアである吉野金次のお陰なのか。
 全体的には奇をてらったような構成のややこしいアレンジはしておらず、聴きやすいアルバムだ。ただし、カヴァーとオリジナルが適度に混じっているが、(いつものことだが)カヴァーの原曲のイメージは矢野顕子節に変えられている。『Over』なんてサビに入るまでO.P.KINGの曲だと気づかなかった。この曲がカヴァーされていること自体驚きではあったが、矢野は曲を作ったYO-KINGのファンなのだそうだ。
 『Soft Landing』は「宇宙船がロケットエンジンの逆噴射で速力をおさえながらゆっくりと着陸すること」らしいが、なんだかアルバム全体がいい具合にやさしく、矢野のピアノと声からなるどこか違う世界の地面に着地したみたいだ。

2018年2月10日土曜日

『ワンダー☆ミュージアム 夜と出会う、夜を見る』北海道立近代美術館

 2017年11月22日~2018年4月12日。
 「夜」をテーマにした美術作品を集めた展覧会。子供も楽しめるように工夫されている。日本の作家によるものが多いけれど、マグリットやムンクなどもある。なかいれい(絵)とけーたろう(文)の絵本『おばけのマールとまるやまどうぶつえん』の原画が揃っていたのはうれしい。また、絵ではなく木による作品だが、砂澤ビッキの『樹華』も好きだった。いろいろな作品がある中でも一番よかったのは、富士翔太朗が札幌市立円山小学校の3、4年生316人と一緒に作ったインスタレーション『夜の国の光のオアシス』だった。三角形に描いた色とりどりの絵を組み合わせたピラミッド型の「光のオアシス」、六角形に描いたこれまた色とりどりの絵を組み合わせた「光の星」それぞれの中にある光源が、美術館内の周囲の壁にそれらの影を照らし出す。また、壁際に作られた「光の草原」にはそのままでは光がよく当たっていないのだけれど、それに向かって懐中電灯を照らしながら歩くことで、床や壁に草原の影がうごめく。光と影の織りなす素敵な空間が拡がっていて、そこに椅子とテーブルがあったとしたら、ずっとそこでコーヒーでも飲んでゆったりとした至福の時間を過ごしたいくらいだった。
 会場をそのまま2階に上がると、開館40周年記念第III期名品展が開かれており、当館のコレクションが展示されていた。エミール・ガレやルネ・ラリックらによるガラス器の数々や、ルオー、パスキン、ユトリロ、シャガール、キスリングらによる油絵の数々。こちらも見応えがあったが、今日は北海道立近代美術館内の展示を隅々まで観て回ることになったため、ちょっと疲れてしまって流し気味にしてしまった。体力不足が悔やまれる。

北海道立近代美術館』札幌市中央区北1条西17丁目

『棟方志功展』北海道立近代美術館

 2018年2月3日~3月25日。「わだば、ゴッホになる。」。
 ふくよかな女性や仏像などの力強い板画で有名な棟方志功の作品を展示している。今回の展覧会を観るまで知らなかったのだが、棟方は自分の「版画」のことを「板画」と呼んでいる。その辺の彼の思いなどにも触れられておもしろい。手のひらに乗るような小さな作品から、『大世界の柵・乾』や『大世界の柵・坤』のような27メートルを超える作品まである。板画の中に岡本かの子や宮沢賢治、吉井勇などの文を取り入れて、文字と絵からなる作品も多い。作品によって切れのある文字だったり丸みのある文字だったりと、雰囲気を変えているのも興味深い。裏彩色という方法で色づけられた板画もきれいだ。でもやっぱり私は仏の弟子を刷った初期の『二菩薩釈迦十大弟子』が好きだ。
 実はこの展覧会で展示されているのは板画だけではない。絵の世界に入り始めた頃の油絵(印象派からフォービズムにかけてのフランス絵画の影響が見られる)や、晩年ゴッホに敬意を示して描かれた「太陽花」(ひまわり)シリーズの油絵、日本画風の倭画、書、リトグラフまである。リトグラフは『セントルイス柏樹』『ニューヨークにて』の2作品が展示されていたが、モノクロの抽象的な造形は現代的な雰囲気を持っていて、つい見入ってしまった。
 後年の棟方は、自分の仕事は他愛のないものにしたいと語っていたそうだが、彼独得の線の強さは変わらずそのまま続いていったように思う。いい展覧会だった。

北海道立近代美術館』札幌市中央区北1条西17丁目

2018年2月8日木曜日

『無くならない―アートとデザインの間』佐藤 直樹

 晶文社。
 20年以上アートディレクターとして活動してきた著者は、「アートとデザインの間には深くて暗い川がある」と思っている。それはどんな川だというのだろうか。それがどんなものなのかどうか早く知りたい読者を尻目に、著者はマイペースでアートとデザインの間をたゆたう。著者はデザイン側の人間である。それが2012年頃から背丈以上の板に木炭で植物を書き始め、それをどんどんつなげていって今ではそれが100メートル以上にもなるのだという。これはデザインではない。ではこれはアートなのだろうか。
 前半は「絵画の入門」というテーマになっている。絵画とは何なのか。絵とは何なのか。悩みつつも少しずつ前に進んでいく。そうやって著者は絵画に近づいていく。それに対して後半は「デザインを考えない」というテーマになっており、デザインについて考えていく。そう、「デザインを考えない」としながら、思いっきりデザインについて考えている。タイトルと中身のギャップに戸惑うが、おそらくそのギャップが著者のデザインに対する思いを代弁している。最後に、小崎哲哉、大友良英、岸野雄一、細馬宏通との対談が掲載されている。この対談の中で、ようやくアートとデザインの間そのものに対する答えらしきものが提示される。でもそれが正解だとはわからない。著者も必ずしも正解だとは思っていないのではないか。
 アートとデザインの間。それに対する著者の独白に近い逡巡に付き合いながら、読者としてもアートとデザインの間に思いを巡らす。答えを見つけること自体ではなく、そうやって考えていくことこそが大事なのかもしれない。そういう思いを抱いた。

2018年2月4日日曜日

『Pickin'』Tommy Emmanuel & David Grisman

 2017年。トミー・エマニュエルとデヴィッド・グリスマンの共作アルバム。
 デヴィッド・グリスマンはマンドリン奏者で、このアルバムに収録されている12曲中10曲が彼の曲である。そしてトミー・エマニュエルはグリスマンから借りた1934年製のマーティン000-28のギターを使い、息の合った演奏を聴かせてくれる。2曲がトミーの曲である。ジャンル的にはブルーグラスの曲が多く、楽器がふたつしか使われていないのに賑やかでご機嫌な1枚になっている。フレーズを弾いているのは主にグリスマンの方である。とても楽しいアルバムだけれど、ちょっと音圧が足りない感じがして臨場感に欠けるのが惜しい。

『グアテマラ・エル・グアタロン(2017)』横井珈琲

 Guatemala El Guatalon。グアテマラのグアタロン農園のコーヒー。
 グアテマラといえば力強くガツンとした味の印象があるのだけれど、この豆は違う。やわらかく穏やかな苦味が口を覆う。口当たりがなめらかで、酸味もあまりなく中性的な感じで飲みやすい。ちょっと青リンゴっぽいかな。クセがないので、コーヒーが苦手な人でも抵抗が少ないんじゃないかと思う。

工房 横井珈琲

2018年2月3日土曜日

『はじめよう!アコギでブルース』野村 大輔

 リットーミュージック・ムック。
 ブルースの基本、ブルース流のアコギ・テクニック、アコギで弾く実践フレーズなどについて書かれている。12小節のコード進行だとかセブンスコードの押さえ方とか、マイナー・ペンタのこととか、ごく基本的なところから入っている。テクニックにしてもそんなに難しい話はしていないし、実践フレーズも、まあよくある短いフレーズがちょっと挙げられているくらいだ。ブルースを弾いたことのない初学者向けのムックと考えた方がいいだろう。ブルース演奏経験のある人は、もうちょっと硬派な学習書を選んだ方がやりがいがあると思う。