2017年8月5日土曜日

『第32回北の日本画展』大丸藤井セントラルスカイホールギャラリー

 2017年8月1~6日。1985年に創立した北海道を中心に活動する日本画作家のグループ展。
 実のところ私は日本画とはなんなのかよくわからない。明治期に洋画と区別するために「日本画」という呼称がつけられたらしいということは、ネットを調べてわかった。江戸以前の日本の画家の描いたものは日本画とは呼ばないこともわかった。しかし岩絵の具や和紙を使えば全部日本画と呼んでいいものなのかどうか、私にはよくわからない。日本画ってなんなんだろう。
 とか思いながらこの展覧会を観にいった。具象ばかりでなく抽象画もある。メルヘンチックなのもある。輪郭があるものもあればないものもある。ああ、これって日本っぽいなと思うのももちろん多いけれど、全然そうでないものもある。当然のことながら好きな絵もあればそうでない絵もある。日本画って幅広いなと思った。これらの絵の中では、粉を吹いたような白っぽい絵が気になった。油絵やアクリル画、あるいは水彩画などでもこのような表現は可能なのだろうか。
 今後も日本画を観る機会があれば行ってみようか。

大丸藤井セントラルスカイホールギャラリー』札幌市中央区南1条西3丁目2

0 件のコメント:

コメントを投稿